覆面Gメンが行く! 新華餃子会館レポート①

下館ラーメンレポート 覆面Gメン S

3月3日(日)

 

餃子会館 新華

 

 今日は前回に引き続き、初レポートをお届けする。今回は職場から離れられないため、職場の同僚と相談の結果「餃子会館 新華」から出前をとった。

 注文したのは私が王道のラーメン、同僚2人はタンメン、半々セット(半チャーハンと餃子3ヶ)。ラーメンを食べるのは今日が初。楽しみである。

12時ちょうどにおかみさんがおかもちをもって現れた。ラップを丁寧に外し、まずは写真撮影。あれ?なんか違う。と、思ったらチャーシューが豚だった。鶏チャーシューが大好きな私には残念だがしょうがない。他の具材は刻みネギ、なると、焼のり、メンマ、青物である。配置は完璧。期待に胸は 膨らんだ。

 早速いただくことにした。まずはスープ。濃口醤油で若干甘みを感じる味だ。そして麺。中細縮れ麺で小麦がしっかり薫る。間違いない。これは下館ラーメンである。また、店の名前にもある通り、この店は餃子も有名。出前なので若干冷めてしまってはいたが、にんにくがしっかり効いて香ばしい。炊きたてのごはんが欲しくなる味だ。

 連日食べても全く飽きない下館ラーメン。次はどこのラーメンを食そうか。

ごちそうさまでした。

下館ラーメンレポート 覆面Gメン N

9月16日(金)

 

新華にてワンタンメンを喫食」

 

 9月というのにこの暑さは尋常ではないですね。この暑さを乗り切るには、熱いラーメンを食べて、乗り切ることが一番である。

 今日は、下館ラーメン学会としては初登場となる「新華」をご紹介したい。

 「新華」も昔からあるお店で、おじちゃんとおばちゃんの二人で切盛りをしている。店舗外観は、昭和を感じさせるノスタルジックな建物で、歴史を感じさせてくれる。

 最近は、おじちゃんの体調が優れず、おばちゃんが、一生懸命、作って・出前している。

 新華は、テーブルにメニュー表はなく、店内に張られた下げ札のメニューから選ぶ。早速、一緒に行った覆麺GメンTとわんたんめんを注文した。おじちゃんが注文を受け、おばちゃんが手際よく作っている。待つこと、7分でお待ちかねのわんたんめんがテーブルに届いた。

 下館ラーメン独特の濃口醤油を使ったスープであり、そのスープには甘みが感じられ本当に美味しい。具材は、刻みねぎ、ほうれん草、四角のり、なると、かまぼこ、チャーシュー、支那竹だ。チャーシューは豚ではあるものの、まさしく下館ラーメンの王道である。

麺は細ちぢれ麺で濃口醤油で、かつ、甘みのあるスープが麺に絡みついて、素敵なハーモニーを醸し出す。わんたんがつるっと口に入るとそれはもう夢の世界。

 皆さんも是非、味わってみませんか。

メニュー(代表的なものをご紹介します。 このほかにも野菜炒めやレバニラ炒めライスなどの各定食もあります)

☆らーめん 550円 ☆たんめん 600円 ☆わんたんめん 600

☆五目そば 700円 ☆チャーシューめん 700円 もやしそば 650

☆チャンポンめん 700円 ☆みそらーめん 650円   大盛150円増

▼住所:筑西市丙(稲荷町)102番地 電話番号:0296-22-2591

濃口醤油でしっかりした味付け。わんたんが絶品です。
濃口醤油でしっかりした味付け。わんたんが絶品です。
濃口醤油の中に甘みを感じます。一人で2食行けそうです!
濃口醤油の中に甘みを感じます。一人で2食行けそうです!